オールドなトライアスロンバイクをフラットロード化

今回のメンテナンスは、

なかなか渋いオールドなトライアスロンバイクのフラットロード化です。

MIYATAのALFREXというフレームです。

この細身、今のフレームでは出せない自転車感があっていいですよねー。

カラーリングも時代を感じさせますが、

あらためて今見ると一周回って新鮮です。


そして、なにより、この三角形のエアロハンドルですね。

今では何が何だかって感じですけど、

僕の頭にはレモンVSフィニョンの映像が浮かんできます。

NITTOのハンドルです。


さて本題ですが、

懐かしの自転車をクロスバイクとして復活させて気楽に乗りたい。

この時代お決まりのチューブラーをクリンチャー化して乗りたい。

※予算有で

とのことでした。


まず肝心のホイールですが、

この時代で注意したいのがエンド幅。

調べてみると、やはり126ミリで、現行のお手頃クリンチャーホイールが使えません。

使っているハブを残してリムを組み直すなど、いくつか方法はありますが、

どれも予算オーバー。

今回は、クリンチャー化はあきらめて、

チューブラータイヤをあらためて貼ることにしました。

もちろんタイヤは乾ききってバキバキ。

セメントも乾いていて簡単に剥がれていきます。

ここまで乾いていればリムのクリーニングも簡単かと思っていましたが、

パリパリを通り越して石のようになっていて、

こんなにちょびっとしか塗られていないのに、とても苦労しました。

そして、ここから塗り塗りですね。


とこんな感じで、一歩進んでは戻ってという感じで、

各作業を抜かりなく進めていきました。


そして、作業に夢中になりすぎて、その後の写真は忘れてしまいました。

完成したバイクの写真も忘れた‼

結構いい感じにバイクが仕上がったのに残念です(´ω`)

 

©2019 by サイクルショップ ピーナッツ。Wix.com で作成されました。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now