©2019 by サイクルショップ ピーナッツ。Wix.com で作成されました。

 

ギリギリでした。

今日も一般自転車の修理です。


右(前)のブレーキの効きが悪くなったということでお持込のいただいたのですが、

ブレーキシューがこの通り


上が古いもの下が新しいものです。

斜めに削れて削れている下側がもう少しで無くなっちゃいそうなくらいですね。


削れている面を見てみると、このとおり。溝が無くなっていますね。

もう少し削れると芯の金属部分が出てきてしまいます。

そうすると、ブレーキをした時に車輪を削ってしまい、

ブレーキのゴムの交換で済んだ事が車輪もしくはリムの交換になってしまい、

修理金額は大ごとになってしまいます。


一般自転車のブレーキのゴムの減りを普段の生活の中で判断するのは難しいと思います。

他の修理で自転車屋さんに行った時や自転車の定期点検を行い、

大ごとになるよう前に交換をする様にしましょう。


※ちなみに一般自転車後輪は基本的に違う形式のブレーキがついていますので、

メンテナンスの内容が違います。


This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now