シーラント剤再注入

MTBのお客様より使っているチューブレスレディのタイヤの空気抜けが早くなったので、

シーラント剤を再注入をご依頼いただきました。


シーラント剤は、時間がたつと乾燥してきて本来の性能を発揮できなくなってきるので、

状況によっては再注入が必要になることがあります。


今回は運用の時間と距離から念のためタイヤの中をチェックしたのですが、



シーラント剤自体は乾燥しているのですが、おそらく泥水と混ざって乾燥したようなので、

茶色くなっていました。また、バルブのゴムも劣化が始まっていました。

今回は部品が無かったので交換まではできませんでしたが、

タイミングを見てバルブの交換が必要な状態でした。


シーラント剤はチューブレスレディを使う上で必要なものですが、

放っておくとタイヤの中が大変なことになっていたりするので、

たまにはチェックが必要です。


※しばらく使ったタイヤは外すとビードがあがりにくくなる事もあるので、

気になる方は一度ご相談下さい。


 

©2019 by サイクルショップ ピーナッツ。Wix.com で作成されました。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now