チューブの噛みこみに注意。

先日、一般自転車のパンク修理があったのですが、

チューブがこの通り。


完全に裂けてしまっています。

こうなってしまうと修理はできず、チューブの交換になってしまいます。

今回は、どういう経緯でチューブが裂けてしまったのかは分かりませんが、

大抵はチューブがタイヤやリム(車輪)に噛みこんでしまっている(挟まってしまう)

状態で空気を入れたり走ったりすると、写真のように裂けてしまうことが多いです。


なぜチューブが噛みこむかということですが、一般自転車の場合は、

かなり空気の少ない状態で走り続け、タイヤのなかでチューブがズレてきて、

久しぶりに空気を入れたら破裂するというパターンが多いのではないでしょうか。


今回はチューブだけの交換でしたが状態によっては

タイヤも交換した方が良い場合があります。

一般自転車の場合は空気の管理によってトラブルの量が全然変わりますので、

すこし空気の管理に気を使ってみてください。

 

©2019 by サイクルショップ ピーナッツ。Wix.com で作成されました。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now