レトロな自転車をメンテナンス

先日、レトロな自転車をメンテナンスさせていただきました。

それが、こちらのブリヂストンのレイダック。

しばらく乗っていなかったので、消耗品の交換と回転部分のメンテナンスです。

やけてしまっているバーテープはケーブル交換と同時に新しいものに交換します。

もちろんタイヤも交換、ブレーキのゴムも劣化でひび割れているので交換になります。

んー、懐かしのシマノの非真円リング バイオペースです。

非真円リングといてっても今の楕円リングとは、楕円の位相が逆になっています。

シフトケーブルはサビで切れてしまっています。


消耗品の交換も大切ですが、BBやハブなどの回転部分のメンテナンスも大切です。

BBをバラしてみると、こんな感じ。

入っていたグリスは、まさに跡形もないって感じですね。

BBのパーツ自体は痛んでいなかったのでクリーニングして、再インストールします。

という感じで、ほこりをかぶっていたレイダックも復活。

ぜひツーリングを楽しんでいただきたいです。

しばらく放置されていた場合、フルオーバーホールをやりたいところですが、

メンテナンスしても、どれくらい乗るか分からなかったり、予算の都合もあり、

メンテナンスを躊躇してしまうこともあると思います。


当店ではお客様と相談しながら、予算と照らし合わせながら、

作業内容を決めていきますので、気になることがありましたら、一度ご相談ください。

最新記事

すべて表示

袖ケ浦チャレンジに参加してきました🚴

4月10日(土)、袖ケ浦フォレスト・レースウェイで開催された 袖ヶ浦チャレンジに参加してきました。 袖ケ浦と近場で開催されるということと、 50キロ、100キロ、160キロ、200キロと距離も選択でき、 非常に参加しやすいイベントです。 今回はお客さんと100キロのソロに参加してきました。 当日、晴予報だった天気はがっつり曇り、 今にも泣きだしそうな天気でした。そして、何より寒かった。 スタート前

 

©2019 by サイクルショップ ピーナッツ。Wix.com で作成されました。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now