レトロな自転車をメンテナンス

先日、レトロな自転車をメンテナンスさせていただきました。

それが、こちらのブリヂストンのレイダック。

しばらく乗っていなかったので、消耗品の交換と回転部分のメンテナンスです。

やけてしまっているバーテープはケーブル交換と同時に新しいものに交換します。

もちろんタイヤも交換、ブレーキのゴムも劣化でひび割れているので交換になります。

んー、懐かしのシマノの非真円リング バイオペースです。

非真円リングといてっても今の楕円リングとは、楕円の位相が逆になっています。

シフトケーブルはサビで切れてしまっています。


消耗品の交換も大切ですが、BBやハブなどの回転部分のメンテナンスも大切です。

BBをバラしてみると、こんな感じ。

入っていたグリスは、まさに跡形もないって感じですね。

BBのパーツ自体は痛んでいなかったのでクリーニングして、再インストールします。

という感じで、ほこりをかぶっていたレイダックも復活。

ぜひツーリングを楽しんでいただきたいです。

しばらく放置されていた場合、フルオーバーホールをやりたいところですが、

メンテナンスしても、どれくらい乗るか分からなかったり、予算の都合もあり、

メンテナンスを躊躇してしまうこともあると思います。


当店ではお客様と相談しながら、予算と照らし合わせながら、

作業内容を決めていきますので、気になることがありましたら、一度ご相談ください。