懐かしのSRAM ダブルタップをメンテナンス


当店では少ないフルオーバーホールですが、

バイクの状態と予算次第では、フルオーバーホールをおススメする場合もあります。


そのなかで今回は懐かしのダブルタップをメンテナンスしました。

自分も使っていたコンポなので、そういう意味で”懐かし”です。


かなり使い込んでいたバイクだったので、

ダブルタップのフードが切れてしまい、フード全体も伸び伸びです。

上が古くて下が新しいやつですね

左が新しくて、右が古いやつですね。

ダブルタップの心臓部はコチラ。

このラチェットの動きが面白いんですよね。

フルオーバーホールということで、全部バラしているのですが、

キリが無いのでRDのメンテナンスの一部をご紹介。

当時のRDを使いこんでくると、プーリーケージの可動部分にガタが出てきて、

変速のレスポンスが非常に悪くなってきます。

その原因がこちら。

少しわかりにくいですが、シャフトの先端よりの部分のツバの部分が

ツバの上と下で形が違います。

おそらく、アッセンブル時にプーリーケージ取り付けのネジと、

このツバの部分が引っかかるようになっているようですが

ケージが動くたびにネジとこすれて、ツバの部分が削れてしまうようです。


使えば使うほど、このガタツキは大きくなり、変速がうまく決まらなくなります。

残念なことにSRAMでこの部分のスモールパーツは用意されておらず、

自分はそれが原因でダブルタップを卒業しました。


今回、新しいRDを用意することはもちろんできません。

どうにかして、解決できないかと考えていましたが、良いものを見つけました。


カーボンドライジャパンさんのビックプーリーがこのRDに使えるようです。

カーボンドライジャパン ビックプーリー対応表

自分がこのRDを使っていた当時はビックプーリーは一般的ではなかったので、

こういったことはできませんでしたが、良い時代になったものです。

今回は、状態からビックプーリーには交換せず、

割れた11tのプーリーのみカーボンドライジャパンのものに交換しました。


最新記事

すべて表示

臨時休業のお知らせです。 5月9日(月)は臨時休業となります。 ご迷惑をおかけいたしますが、 よろしくお願いいたします。

GW休業のお知らせです。 5月3日(火) 定休日 5月4日(水) 定休日 5月5日(木) 臨時休業 となります。 5月6日(金)は通常通り12時からの営業となります。 よろしくお願いいたします。