砂が入ってますよ。

さて、まずはこちらの画像を見てみてください。


ちょっと分かりにくいですが砂です。砂利に近い砂ですね。


今日の一般自転車のパンクに修理の際に出てきたものです。

そう、タイヤについていたのではなくて、タイヤの中から“出てきた”んですね。

なんでタイヤの中に砂が入っているかというと、

パンクした後に砂利道などでパンクした自転車を押してくると、

タイヤの中に砂が入ってしまうことがあるんですね。


修理する時にちゃんと外に出すにですが、

タイヤの中に、こんなに砂が入っているとビックリしますよね。

だから何だって感じですが、そんな事もありますよって話です。