COLNAGO CRSをセミOHしました。


購入されてから1年弱ということで、汚れはひどくありませんが、

消耗品類の交換のついでに全体的な点検ということでセミオーバーホールになりました。

一年弱とはいえ、しっかり乗り込んでいるようで

ポイントとなる部分はしっかり汚れていました。

ヘッドに関してはグリスが全く入っていない状態、完成車アルアルですね。

このままでは、水や埃がヘッド内部に侵入しやすく、錆などのトラブルにつながります。

しっかりグリスアップして防錆対策します。

あとはケーブル・チェーン等消耗品を交換して終わりですが、

今回のポイントはこちら。

消耗品類の交換と一緒にブレーキ本体をシマノ105のものに交換しました。

もともと付いていたものはコルナゴオリジナルのもの。

ここをシマノのブレーキに交換することで、ブレーキの効きが良くなるのはもちろん、

ブレーキレバーの引きも軽くなり、以前より安心してダウンヒルを下れるようになります。


ブレーキキャリパーの交換は難しい作業ではありませんが、

ブレーキ本体の形状によりブレーキケーブルの交換が必要になることもあるので、

こういったケーブル交換の際などに一緒に行うと、

コスト的な負担が少なくできておススメです。

バーテープもブルーにして印象が変わりましたね。

リフレッシュしたバイクをお楽しみください❕