top of page

FELTのロードバイクをセミオーバーホール



見た目はキレイですが、走行距離はそれなりでホイールは友人から譲ってもらったもの

ということで、ホイールの状態もチェックして欲しいとのことでした。


ということでパーツをバラしていきますが、


ハンドル周りは錆が目立ちます。

こういった部分の錆は外からは分からないので、

メンテナンスの頻度がパーツの状態を大きく左右します。

これはステムのハンドルクランプのカバーの裏ですが、

錆の白い粉が積もってしまっていますね。

ハンドルクランプのカバーで腐食が大きく進行すると

クランクカバーのクラックの原因にもなるので注意が必要です。

同じく錆の画像ですが、こちらはシートポストです。

シートポストはハンドル周りよりも腐食の進行がひどく、

写真のシートポストの白っぽくなっているところは、少し凹んでしまっています。


今回錆が非常に目立ちますが、おそらく腐食が原因でビックリのトラブルが!

シマノのBBのワンが割れました。

こちらのフレームはネジ切りなのですが、

もともと付いていたBBを一度取外し、BB・フレームをクリーニング後

再度取り付けようとトルクをかけたら、モリッともげてしまいました。


走行時も大きな力の加わるBBなので、このように割れてしまうのは正直びっくりでした。

取外し前の状況から考えると、BBのワンに腐食が進んでいて、

それがキッカケで割れてしまったのかもしれません。

なんにせよ、走行中のトラブルにならなくと、良かったです。

さて、お客様が気にされていたMAVICのホイールの状態ですが、

ハブは問題ありませんでしたが、フリーボディの専用オイルが完全に切れていました。

MAVICのホイールの場合、ハブのベアリング自体は耐久性の良いものが使われており、

もちが良いのですが、

フリーボディの専用オイルは、比較的短いスパーンで注油してあげる必要があります。


と、こんな感じで全体をメンテナンス。

BBの件はビックリでしたが、お渡し後は非常にスムーズと喜んでいただきました(^_^)v


(^_^)v



Comments


記事: Blog2 Post
bottom of page