VORTEX始めました。

VORTEXとうホイールの取扱を始めました。

あまり聞いたことのないブランドかもしれませんが、

博士号を取得した中国人学生が起こした新興ブランドです。

このホイールの企画には大学や政府・企業などの援助や協力があったということで、

なかなか期待の大きなホイールです。


さて、いったいどんなホイールかと見てみると、

まず目に飛び込んでくるのは、このカーボンスポークでしょう。

ホイール重量(チューブレス、ディスクブレーキ)1,280gという軽量さを

後押ししている要因の一つでも、このカーボンスポークですが、

Sapimのcx-rayよりも剛性が40%高く、重量が25%軽いということです。

また、ただの扁平形状ではなく、空力を意識した形状になっているとのことです。

カーボンスポークというとライトウェイトホイールのように

修理や調整がきかないイメージがありますが、

VORTEXの場合は、調整や交換が可能となっています。

ハブの大きさや2対1のスポーク本数、非対称リムなど、

昨今のホイールの課題ともいえる横剛性の確保など、

詰められるところはしっかり詰めてるって感じです。

リムはホールレスとリムの強度の確保に余念が無いという印象です。

まぁさすが博士号が企画しただけあって、ホイールの考え方に隙が無いって感じですが、

詳しいことはこちらからどうぞ

踏み出しの”軽さ”というより踏み出しの”速さ”と感じるくらいの

反応の良さは、カーボンスポークホイール特有のものではないでしょうか。

そこに、1,280gという軽さによってスイスイと進んでいく感じは

テンションスポークのホイールでは実現できないのではないかと思います。


さて肝心のお値段ですが、¥275,000-(税込)と今まででは考えられないお値段です。

今までのイメージですとカーボンスポークのホイールって

40万円コースだったような。。。気がするけど


ちなみに昨今の事情により6月末より値上がりするようです。

ビビビと来た方はお早めに‼