CANNONDALEのCAAD12をセミオーバーホールしました。

今回のメンテナンスはキャノンデールのCAAD12のセミオーバーホールです。

2年ぶりに乗り出すということで、そういう時は割り切ってメンテナンスしてあげた方が、

乗り出してからトラブルが少なくなるので、しっかりメンテナンスしてあげましょう。

いつも通り洗車から始まり、

ヘッドのオーバーホール

ベアリングもバラして内部を洗浄します。

しっかり防錆処理をしてアッセンブルです。

専用工具を使ってクランク周りをバラしていきますが、

これがまた、すごいことになっていました。

グリスがクランク周りにもBBにも、さらにはフレーム内部にも盛り盛りです。

写真のフレーム内側の向こう側に見えるのはグリスですね。

特別お客さんがやったわけでは無いとのことなので、最初からだったのでしょう。


BB30は防水性が低いのでグリスが必要ではありますが、さすがに多すぎな気が。。。

施工から時間がたってグリスが溶けてBB外に流れてきていますし、

グリスが砂利や埃を巻き込んで、大変なことになっていますよ。

ベアリング自体は経年劣化で痛んでいたので、交換です。

BB内部をクリーニングして、これまた専用工具でベアリングを圧入です。

追加になりますがホイールのハブもチェックしていきます。

痛みはありませんが、グリスが抜けきっていたので追加です。

そしてMAVICのホイールのメンテナンスの肝といえばフリーボディ。

ここを定期的にクリーニングして専用のオイルをさすことで、

快適に使用できるようになっています。

タイヤ、バーテープ、ケーブル等もしっかり交換して、


これでバッチリです‼