キッズのための自転車 ヨツバサイクル

こちらはキッズのためのキッズサイクルブランドと言っても過言ではない、

ヨツバサイクルのZero12です。

2016年にキッズサイクル専門ブランドとして日本で誕生したブランドです。

フレームの形状を子供でも乗り安いように設計しているのはもちろん、

ハンドルグリップを一般的なものより細くして小さな手でも握りやすいようにしたり、

太目のタイヤを採用して、低速でもふらつきにくいようにするなど、

子供が乗り安いようにする工夫が随所に盛り込まれています。

そして、なによりも各パーツの質が非常に高いという点が好印象です。

通常キッズバイクに使われているパーツは、

お世辞にも質の良い(平均的なもの)とは言えず、組み付け時に何か工夫が必要だったり、

質の低さ故に、動作が限定的になってしまうものが多いのが現実です。


小さい自転車というものは大きい自転車(大人用の自転車)よりも

構造上、パーツの精度が求められるのですが、

キッズバイクの絶対的な流通量からくるコストカットなどで、

求められる質よりも低いものが取り付けられていることが少なくありません。


なかでもヨツバサイクルの場合は車輪の回転部分である”ハブ”とブレーキレバーの出来が

他のキッズバイクよりも良く、とてもよく動作します。

まだまだ、力の無い子供にとって”軽い”というのは大きなポイントであり、

ペダルの回転が”軽い”、ブレーキレバーの引きが”軽く”出来ています。

もちろん、車体自体も軽量アルミフレームを採用し

他のキッズバイクよりも”軽く”出来ています。

乗っても”軽い”、持っても”軽い”というのがポイントですね。

重たいと嫌になっちゃいますから。

そんななかでも、12インチのペダル付本格キッズバイクというのは、

珍しいのではないでしょうか。

12インチであれば、大抵のキックバイクが12インチなので、

キックバイクからの乗り換えもスムーズに行うことができます。


最大の悩みどころのサイズですが、

ヨツバサイクルのサイトに適正サイズが載っていますので参考にどうぞ。