Burley×Brompton

折畳み自転車のちょー人気かつ高級ブランドのブロンプトン

先日、ちょっとお借りする機会があったので、試しにバーレーにつけてみました。

まずは取付。

ブロンプトンはナット締めでしたが

バーレーの標準の取り付け金具で問題なく取り付けることができました。

ただ、今回はとりあえずの試しだったのでナットをそのまま締めこみましたが、

スペーサーを挟むなど、少し配慮をしてあげると、なお良しという感じでした。

ベルトをよけた様子↑

取付金具の内側にブロンプトンのスペーサーがあるので、

取付金具とブロンプトンのフレームが干渉することは無さそうです。

さて、実走してみましたが、、、なんだか普通でした。


走る前までは、走行がかなり重たいものになるのではないか、

また、走行の安定感が無くなるのではないかと思っていましたが、

そういったことは全くありませんでした。


よくよく考えてみれば、

バーレーを付けている時点で、そんなにスピードは出しません。

なので、走行速度域がちょうど良いのかもしれません

また、小径車ということでゼロ発進時の加速が非常に楽になりました。

もちろん、登りでつらいのは変わりませんが(笑)


今回は店の周りを軽く周回する程度だったので、

今度、本格的に小径車で走りに行ってみたいと思います。


もしかしたら、700cの自転車よりも小径車の方がバーレーと相性が良いのではないかと、

思っています。


 

©2019 by サイクルショップ ピーナッツ。Wix.com で作成されました。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now