ZIPP404Firecrest × OnyxRacingProducts

今回のご依頼はホイールの組み替えです。

出来上がったのはこちら。

最新のZIPP 404 Firecrest Tubelessホイールのハブを

スプラグクラッチが特徴のOnyxRacingProductsのVesperハブに交換しました。

交換といっても、基本的には完全に組み直しです。

スポーク長も変わるので、スポークも新調しなければなりません。

特に今回は、別のホイールをバラしてVesperハブを取り出し、

ZIPP404のホイールをバラして、スポーク長を算出して、

その後、組立を始めるという感じだったので、

途中で組み合わせを間違えなように気を使いました。

さて、今回のカスタムのポイントはOnyxRacingProductsのハブ。

パッと頭に浮かんでくるロード用ハブのフリーボディはラチェット構造になっており、

空転させるとカチカチと音が鳴りますが、Onyxのハブには、それがありません。

Onyxハブの場合はスプラグクラッチという構造になっており、

一方向へは空転するが、逆方向に回すとハブボディとかみ合って

トルクを伝達するという仕組みになっています。

詳しくはOnyxRacingProductsさんの動画が分かりやすいです。

(1:00あたりからスプラグクラッチの動きが分かります)

ちなみに現物はこちら

さて、このスプラグクラッチの何が良いかというと、

ラチェット構造ではないので空転させた時(ペダルを止めた時)の

回転抵抗がとても少ないです。つまりラチェット抵抗がほとんど無いです。

また、カチカチといったラチェット音もありません。

そして、ペダルを踏みこんだ時、トルクがかかるまでのラグが無く、

トルク伝達が非常にダイレクトです。


下り坂でペダリングを止めた時、

立ち上がりの最初のひと踏み、

スプリントでのかかり、等

周りにひと踏み差をつけたい時に非常に有効かと思います。


なんだか、コロナでイベントが軒並み中止になってしまっていますが、

今のうちにカスタムして周りに差をつけておくのも良いかも。。