向きがあります。

今回はVブレーキシューの整備での一コマです。


Vブレーキシューにはスペーサーが挟んであるのですが、

下の写真のスペーサの入れ方は間違いです。

このスペーサーには向きがあって、その向きを間違えずに入れることで、

Vブレーキのセッティングを出しやすくしているのですね。

よくあるのが、こんな感じのスペーサーですが、

よく見ると左のスペーサーは臼のようになっていて

右のスペーサーはドームのようになっていますね。 この2つのスペーサーがお互いにはまりあってボールのように滑ることによって、

ブレーキシューの角度が適正になるようになっています。


なので最初の写真のようになっていると、

適切にセッティングされないばかりか、締め付けた時にスペーサーが割れてしまったり、

ブレーキシューがきちんと固定されたなかったりするので、

スペーサーの向きは気をつけて取り付けなくてはいけません。

©2019 by サイクルショップ ピーナッツ。Wix.com で作成されました。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now